ドラマ版ワカコ酒が面白い!ワカコと一緒にぷしゅーっとしよう!


ワカコ酒は、新久千映によって月刊コミックゼノンで連載されている日本の漫画作品です。
また同誌のウェブコミックである『WEBコミックぜにょん』でも公開されていますので興味のある方は漫画版もぜひ読んでみて下さい。

今回はドラマ版ワカコ酒を紹介していきます。

スポンサーリンク

ワカコ酒のあらすじ

村崎ワカコ26歳。酒飲みの舌を持って生まれたがゆえに今宵も居場所を求めてさすらう女ひとり酒。
引用:ワカコ酒

という具合に都内でOLをしている村崎ワカコ(26歳)は大の酒好きであり、おひとり様を全力で楽しんでいる女性です。

今日は刺身か中華か、それともエスニックか・・・。
毎夜毎夜、お酒をおいしく飲める場所を求め、さまよい歩いている彼女は今夜はどんなお店でお酒をたしなむのでしょうか?

ワカコ酒の感想

ワカコ酒に出てくるお店は実在する!

ワカコ酒はただお酒を呑むだけの話ではなく、とにかく色とりどりの料理を扱うお店が出てきます。
ドラマに出てくるお店はすべて実在するお店であり、各話の終わりにお店の情報やワカコが食べた料理・お酒の紹介が入るという心憎い演出がとてもうれしいですね。

最後にお店の紹介が入るといっても、気になるお店を見つけた時に、ついついドラマを横目にお店を調べてしまうのも案外ありで、ある意味ワカコ酒を見る醍醐味の一つになってしまいます。

ワカコのお酒の飲みっぷり、食べっぷり

ワカコを演じる女優である武田梨奈さんはお酒をあまり呑みなれていないのかな?という印象を受けるのですが、ご飯となると話は別で、とにかくおいしそうに食べるので見ていて飽きません。

また、心の声としてワカコ流のお酒の作法が垂れ流されており、「私もワカコと同じ食べ方をしてみたい!」と毎回思わされます。

印象的なエピソードとして第二話でワカコは餃子荘ムロというお店で餃子を食べるのですが、その際に「餃子を口に含んで、餃子が残っているうちにビールで流し込む!」という旨の発言をするのです。

お酒を呑む方であればごくごく自然にしているでしょうし、わざわざ改まって言う事でもないような気がしますよね。
「ビールと餃子の相性」を語るのではなく「ビールと餃子のおいしい食べ方」をワカコを通じて改めて再確認させられたような気がして、私はどっぷりワカコ酒にはまってしまいました。

ワカコ酒はドラマ全体を通してお酒以上に食べ物や状況・場所にフォーカスが当たっており、漫画家の新久千映さんもドラマの制作をした方たちも真の呑兵衛なんだろうなと思わせる作りをしています。

私も呑兵衛なのでわかるのですが、お酒というのは添え物であり、本来料理より前に来るものではないのです。
もちろん仕事終わりの一杯は格別なのですが、例えば場の雰囲気だったり料理の味だったりでお酒の味も変わってしまうんですよね。

お酒をおいしく楽しむためには、必ずおいしい料理が必要なんです。

そのおいしい料理を知っているであろう真の呑兵衛が作っているドラマですから、お酒に興味がないという方も絶対に楽しめますし、呑兵衛の方はワカコ酒を見ながらいつもよりおいしいお酒を飲めるはずです!

おわりに


いかがだったでしょうか?
ワカコ酒はいかにもな居酒屋だけでなくこじゃれたお店も多数出てきますので、呑兵衛はもちろんの事、お酒を飲まない人も楽しめるドラマになっています。

現在、ワカコ酒はNETFLIXにて配信されていますので、興味のある方はぜひNETFLIXでぷしゅーっと楽しんでくださいね。


スポンサーリンク