現代を生き抜くために「人もお金も動かす 超スゴイ!文章術」が説く文章の重要性


文章を書くことは、日常ごくごく当たり前に行われています。
LINEでメッセージを送るのも、SNSでつぶやくのも、何気なくやってますよね。

そんな日常茶飯事が、今後自分を変えるきっかけとなると言われたら、どうしますか。
変えたいと、思いますか。

ソーシャルメディア時代において、文章は重要なコミュニケーションスキル。
共感によって人と人とがつながり、そこから様々な可能性が生まれます。

そのためには、何をどう発信するかが大事となります。
発信する手段はもちろん、文章です。

何をどう発信するか考えるということは、文章の中身を考えることとイコール。
何をどう伝えるか考えることで、自分の頭の中も整理されていきます。

そして、文章力を見つめ直すことは、それ以外の様々な物事にも活かされるんです。

本記事は、文章についてあらためて考えるきっかけを与えてくれる一冊をご紹介します。

スポンサーリンク

「人もお金も動かす 超スゴイ!文章術」について

「人もお金も動かす 超スゴイ!文章術」は、2019年に株式会社すばる舎が発行したハウツー本。

ビジネスパーソン向けノウハウ本ですが、文章が下手と思っている人にも役立つ内容です。

読者に伝わる文章、共感を得られる文章を徹底的に分析し、そこに近づく方法を解説しています。

ハウツー本なだけあって、文章力アップのためのテクニックが多数紹介されています。
しかしそれだけでなく、文章力を上げる理由が示されており、これが大変突き刺さるんです。

著者の金川顕教氏は、公認会計士として大手監査法人に勤めた後、経営コンサルタントとして独立。
多くのビジネスパーソンを見てきた知見を活かし、主にビジネス書の執筆を行っています。

読めば、文章というものに対する価値観が180度変わります。
筆者も本書を大変参考にさせてもらってます(笑)。
アマゾンの評価は星平均4.7と、非常に高評価なのも納得です。

「人もお金も動かす 超スゴイ!文章術」が伝えたいこと

「人もお金も動かす 超スゴイ!文章術」は、文章のクオリティを上げるテクニックが紹介されたハウツー本です。
しかし、そのテクニックを学ぶ必要性を序盤でまず説明しています。

これこそが、「超スゴイ!文章術」最大のストロングポイント。
今まで何気なく文章を書いてきた人にとっては、はっとさせられる内容です。

セルフ・ブランディングせよ

本書はまず、ソーシャルメディア時代において自分の信用を高める必要性について説きます。
SNSが個人を発信する場として広く普及したからです。

それに伴い、自分の中で積み上がったものの発信が、他者の問題を解決する時代になりました。
この現状を活かし、自分を発信することで、様々なビジネスチャンスが生まれる時代。
会社に所属していようと、個人だろうと、その重要性は日に日に増しています。

それには、自分という人間を知ってもらう必要がありますね。
人柄や経歴、好きなことやできることを伝えなければなりません。
ソーシャルメディア時代においては、これらがそのまま自分の価値となります。

この価値をビジネスにつなげるためにコントロールすることが、セルフ・ブランディングです。
そして、価値の表現方法となるのはもちろん、文章となります。

自分というブランドを知ってもらうには、「つながってみたい」と思わせる文章を書くことが必要です。
人をひきつけ、共感させ、読者にアクションを起こさせるような文章。

文章による共感や信頼などを得てつながった人々は、自分の資産となります。
ツイッターのフォロー・フォロワーが最もわかりやすい形でしょう。
好意的につながった彼らは、自分を応援したり、支援してくれることも。
これからのビジネスはこうやって拡大していきます。

発信能力としての文章力は、現代を生き抜くための必須スキルというわけです。
未来への希望や危機感を感じた人は、本書でぜひ自分の文章を振り返ってみてください。

相手を意識するということ

文章力向上の大きなメリットとして、本書は人間関係がよくなることを挙げています。

一見、文章力と人間関係の向上は関係なさそうに見えるかもしれません。
けれども両者の間には密接な関係があるんです。

まず、このソーシャルメディア時代においては、文章コミュニケーションの機会が増えていること。
相手と良好な関係を続けるには、相手のことを意識した文章を書く必要があります。

これが書けるようになることで、画面の向こうの相手との関係は向上するわけです。

この常に相手の立場を考える思考パターンは、身につければ他にも応用可能です。
例えば直接会話する場面でも、相手の側に立った言葉選びができ、交流がスムーズになります。

言い換えれば、文章でも会話でも、相手を思うことが最も大切なことなんです。
逆に、このことを実践すれば、どんな形であれ良好な人間関係が築けることになります。

本書は、文章術のみならず、コミュニケーションの基本についても教えてくれるんです。

文章は、資産

読んだ者の心をつかむ文章は、書いた者にとっての資産となります。

ここで言う「資産」とは、2つの意味を指します。
すなわち、「文章の内容自体の価値」と「ビジネスを引き寄せるインセンティブ」の2つ。

1つ目は、文章自体が読者の抱える問題を解決したり、購買意欲を高めたりすることです。
こうした記事を積み重ねていくことで、それらはやがて知識の集合体となります。
書籍やまとめブログなんかはまさにそれですね。

このとおり文章はストックすることが可能です。
文章化すればコストを削減することだってできます。
引継ぎ事項や注意点は、口頭で伝えるよりマニュアル化して渡した方が効率的ですよね。

2つ目は、記事内容が刺さった読者が、仕事を依頼してくる可能性が高まるということです。
新たな仕事を引き寄せてくれる文章は、「金のなる木」といえます。
また、新たにファンやフォロワーが増えるなど、人的資産が「増資」されることだってあるでしょう。

この2つの方向からビジネスを生み出す文章という資産。
一度書ききってしまえば、あとは文章が勝手に独り歩きして機会を呼び起こします。

何もしない資産運用を目指すなら、まず文章力を磨くことが第一歩です。

おわりに

人は文章からは逃れられません。
どんなささいなやりとりでも、会話でない限りそこには文章がついて回ります。

ただ、文章は文字によるコミュニケーションであることを忘れてはいけません。

文章は、必ずしも自分が言いたいことを100%伝えてくれるとは限らないのです。
それを受ける相手の存在も、メッセージをゆがめてしまう大きな要因でしょう。

だからこそ、相手を意識することがますます重要なんです。
SNSの劇的な浸透とともに訪れた、この自己発信の時代ならばなおさらのこと。

「人もお金も動かす 超スゴイ!文章術」はそんな現代を生き抜いていくための文章の大切さを指摘します。

たしかに、そういう文章が書けるようになるためのテクニックも、本書のとても重要な部分です。
ただ、それ以上に、テクニックを使ってでも人の心に届く文章が必要だということ。
それができないと、SNS時代において本当の意味での「コミュ障」となってしまうこと。

「人もお金も動かす 超スゴイ!文章術」は、ノウハウはもちろんのこと、文章を考えさせてくれるすばらしい良書です。
筆者も本書を読んで、頭の整理をすることができました。

ただのハウツー本とあなどることなかれ。
軽く見ているといつの間にか、時代に置いていかれてしまうかもしれません。


スポンサーリンク