角川ホラー文庫

青年が異界の夜市で買い戻したかったのは…幻想ホラーの名作「夜市」

怖い話系のネタに、時空がねじれ異界に迷い込むパターンがあります。自分たちが住む世界とは違う世界の存在は、心魅かれると同時に得体の知れない恐ろしさも感じる。

今回ご紹介する小説「夜市」は、異界の不思議さと怖さを幻想的に書いたホラー小説。自ら手放した大切なものを取り戻したい青年に誘われて、女性が異界の夜市に迷い込むお話です。非日常の世界に興味がある人は、読み出すと次第に物語の世界の没頭してしまうでしょう。

続きを読む

人食いカニさんの結末が涙を誘うホラー小説「かにみそ」

人の恐怖心をあおるホラー小説の定番の方法に、人間が化け物に食べられてしまう流れがあります。同じ種族の人間が喰われるのはグロくて、見ていてゾクゾク背筋が冷えますね。

人食いホラーは生理的嫌悪感が湧き上がりますが、それと一緒に切なさがこみ上げる不思議な読後感のある人食いホラー小説が日本には存在します。

今回ご紹介したい本は、「かにみそ」という小説です。人が食べられる血生臭い展開の後に、切ないラストが待ち受けています。

続きを読む