「働く」ということに関しては、日々不安が絶えません。
不安ばかりがのしかかって、身動きができないでいます。

さて、「働く」を考えた場合、真っ先に思い浮かべることは何でしょうか。
今後の身の振り方、キャリアプランと考える人は決して少なくないでしょう。

今後はますます個人サバイバルの時代になっていくという説もあります。
そうなったとき、自分を助けてくれるのは何でしょうか。

ここで、「自分には何もない」と悲観した人にお薦めするのが今回の本書。
何もないことは決してなく、地味で見落としがちな能力が十分に道を拓くのです。

本記事では、地味な能力に対する発想の大転換を与えてくれる本をご紹介します。

続きを読む