短篇集

このミステリーがすごい!でなぜか1位?のホラー短編集「独白するユニバーサル横メルカトル」

ホラー漫画家にはスプラッタ―な描写で有名な「富江」シリーズの伊藤潤二さんのように、読んだ人に強烈なトラウマを植え付ける作家がいます。

同じように、ホラー小説家にも読者のトラウマを増産している作家がいます。
今回ご紹介するホラー小説短編集「独白するユニバーサル横メルカトル」は、ホラー小説界のトラウマ製造機とも言える平野夢明さんという方の作品です。

続きを読む

ファンタジー好きな人におすすめ!入江亜季著「群青学舎」

美しい絵で綴られる不思議な世界観の漫画が好きな人に、今回は「群青学舎」というコミックをご紹介いたします。読み切り形式の短篇集で物語の舞台は西洋風や和風と話によって違い、時代も現代風や中世ヨーロッパ風と様々です。
ストーリーの作りがしっかりしていて異世界風の世界観の物語でも現実感があり、作り物っぽさのないファンタジー漫画になっています。

続きを読む