怖い話系のネタに、時空がねじれ異界に迷い込むパターンがあります。自分たちが住む世界とは違う世界の存在は、心魅かれると同時に得体の知れない恐ろしさも感じる。

今回ご紹介する小説「夜市」は、異界の不思議さと怖さを幻想的に書いたホラー小説。自ら手放した大切なものを取り戻したい青年に誘われて、女性が異界の夜市に迷い込むお話です。非日常の世界に興味がある人は、読み出すと次第に物語の世界の没頭してしまうでしょう。

続きを読む