月刊コミックビーム

ファンタジー好きな人におすすめ!入江亜季著「群青学舎」

美しい絵で綴られる不思議な世界観の漫画が好きな人に、今回は「群青学舎」というコミックをご紹介いたします。読み切り形式の短篇集で物語の舞台は西洋風や和風と話によって違い、時代も現代風や中世ヨーロッパ風と様々です。
ストーリーの作りがしっかりしていて異世界風の世界観の物語でも現実感があり、作り物っぽさのないファンタジー漫画になっています。

続きを読む

心の病みと日常生活の笑いが混ざった不思議エッセイ漫画「幽玄漫玉日記」

現代日本で急増している心の病「うつ病」。うつ病にかかり苦しんでいる人は多く、漫画家の桜玉吉さんもその一人です。ギャグ漫画家で人を笑わす職業に就きつつ、うつ病を抱える桜玉吉さんが発症後に発表した漫画は明るさと暗さが混在した不思議さがあります。

今回ご紹介する「幽玄漫玉日記」はうつ病治療の後に連載したエッセイ漫画で、コメディ調で描かれながら所々にうつ病の陰が潜んでいる作品。笑わせるストーリーの中に混じる作者の心の苦しみが、エッセイ漫画に重みを与え印象深いです。

続きを読む

丸尾末広が描く哀れな双子の辿る残酷な生の物語「トミノの地獄」

端麗な絵柄で猟奇的な性表現や暴力シーンを描くことが多い丸尾末広は、あまり長く話はなく短編の作品が中心です。
今回ご紹介させていただく丸尾末広最新作「トミノの地獄」は、短編ばかりの著者には珍しい長編作品となります。見世物小屋・異形の姿を持つ人間など、丸尾末広漫画の集大成ともいえる名作です。

続きを読む