新潮社

今こそ自動車運転を見直してみよう!「交通事故学」が示す人間の不完全性とリスク

日夜、交通事故のニュースがひっきりなしに飛び込んできます。
事故現場の映像は痛ましく、目を覆いたくなるほど。

とりわけ近年は、高齢者が引き起こす死亡事故が顕著に取り上げられます。

自動車事故防止技術の発展がめざましい現代。
それでも人は、老若男女問わず、今なお交通事故を各地で起こし続けています。

ご存知の通り、人間は完璧ではありません。
我々の行為には必ず、ヒューマンエラーのリスクが存在しています。

本書は、人間の抱えるリスクを再認識させてくれる貴重な一書。
交通事故原因を詳細に分析し、類型化して理解を促し、注意喚起するのです。

本記事は、交通事故の観点から普段の運転を考えさせる「交通事故学」を、ご紹介します。

続きを読む

【ネタバレあり】「墨攻」が描く中国戦国時代の異端児集団の守りを見よ

人間を様々なカテゴリで分類することは、よくあることです。
「攻めるタイプ」と「守るタイプ」に分けるのもその1つ。

さて、攻める方と守る方、いったいどちらが大変でしょうか。
筆者は、守る方が大変じゃないかと考えています。

守る側は、どこから攻めてこられるかを、いついかなるときも考えていなければなりません。
注意を常に全方向に張りめぐらす必要があるのです。

しかし、「守るタイプ」に属する人種もまた、たしかに存在します。

攻めることは決してせず、守れと言われれば守る。
あえて積極的に守りの側に回る選択。

今回紹介する「墨攻」は、墨子の教えを支持する者の戦いを描いたもの。
墨子の教えの1つに「墨守」と呼ばれるものがありますが、本書は「墨攻」。
あえて守るという、積極的な守備の姿勢が、タイトルに込められているのです。

「墨守」ではなく「墨攻」を、本記事で解説していきます。

続きを読む

上橋菜穂子が描く狐の少年と異能の少女の想いが切ない「狐笛のかなた」

日本の昔話には、「鶴の恩返し」のように人外の者と人間が結婚する異類婚姻譚が結構あります。

『精霊の守り人』シリーズや『獣の奏者』シリーズで有名な上橋菜穂子氏著作の、『狐笛のかなた』もある意味では異類婚姻譚の要素が含まれている作品です。

妖怪と人間が恋に落ちる話などが好きという人は、『狐笛のかなた』をぜひ読んでみましょう。

続きを読む