文春文庫

【ネタバレあり】「墨攻」が描く中国戦国時代の異端児集団の守りを見よ

人間を様々なカテゴリで分類することは、よくあることです。
「攻めるタイプ」と「守るタイプ」に分けるのもその1つ。

さて、攻める方と守る方、いったいどちらが大変でしょうか。
筆者は、守る方が大変じゃないかと考えています。

守る側は、どこから攻めてこられるかを、いついかなるときも考えていなければなりません。
注意を常に全方向に張りめぐらす必要があるのです。

しかし、「守るタイプ」に属する人種もまた、たしかに存在します。

攻めることは決してせず、守れと言われれば守る。
あえて積極的に守りの側に回る選択。

今回紹介する「墨攻」は、墨子の教えを支持する者の戦いを描いたもの。
墨子の教えの1つに「墨守」と呼ばれるものがありますが、本書は「墨攻」。
あえて守るという、積極的な守備の姿勢が、タイトルに込められているのです。

「墨守」ではなく「墨攻」を、本記事で解説していきます。

続きを読む

読み物としてもおすすめな猫が出てくる本5冊

猫はいつでも可愛く、見ているだけで穏やかな気持ちになりますよね。
そんな猫が出てくる本もまた、私たちの心を癒してくれます。

この記事では、猫に焦点を当てているだけでなく、読み物として楽しめる本を厳選して5冊ご紹介致します!

考えさせらるもの、感動するものから名作SFまで、すべての作品に猫が登場します。
猫好きな方はもちろん、そうでない方にも読んで頂きたい作品ばかりです

是非最後までご覧ください!

続きを読む