平野夢明

平野夢明さんの紡ぐ江戸の闇に潜む怖いお話「大江戸怪談草紙 井戸端婢子」

ホラーやミステリーの分野で近年高い評価を受けている作家・平野夢明さんは、実話怪談シリーズ「超怖い話」の編者としての経歴があります。

平野夢明さんが書く実話怪談は、現代が舞台で狂気・グロテスクな話が多いのですが、今回ご紹介したい本「大江戸怪談草紙 井戸端婢子」は、作者が江戸時代の怪談をまとめた異色作となります。

続きを読む

ホラー作家の原点は実話怪談にあり!「平野夢明恐怖全集 怪奇心霊編」を読んで夏を乗り切る

作品が映画化までされている人気ホラー作家・平野夢明さんは、ホラー小説家として活躍する前は実話怪談の編集をされていました。今回は平野夢明さん編集の実話怪談を収めた「平野夢明恐怖全集 怪奇心霊編」を紹介したいと思います。

平野夢明さんの特徴ともいえる精神的にエグい描写は、実話怪談の語りの中でもすでに片鱗が出ています。鬼才のホラー作家が編集の怖い話は、やけにリアルでゾクゾクします。

続きを読む

クレイジーな世界が好きな人におすすめな平野夢明「メルキオールの惨劇」

世界観がクレイジーなホラー作家として有名な平野夢明さん。彼の初期作品であり傑作ホラーの一つである「メルキオールの惨劇」を、今回はご紹介したいと思います。

不気味で不条理な設定でぐいぐい読者を引き込む手法は、本作品にも色濃く反映されています。母による子殺し事件の影に隠れた暗黒世界。最初はドン引きする場面もありますが、はまったら読み進める内に「メルキオールの惨劇」の虜です。

続きを読む

おかしいのに憎めないクズ変人揃いの小説「デブを捨てに」

現在公開されている映画「Diner ダイナー」を、ご覧になった方はいるでしょうか。この映画に出てくる登場人物は、どれも癖のあるまともでない変人ばかり。原作を書いた小説家・平野夢明さんは、普通の感性では思いつかない常識外の変わった人間を表現するのが得意な作家です。

今回ご紹介する本「デブを捨てに」は、平野夢明さん毒入り変人をたっぷり集めた短篇集です。表紙からしてインパクトのある「デブを捨てに」は、中身もかなりインパクト大な本になっています。

続きを読む

このミステリーがすごい!でなぜか1位?のホラー短編集「独白するユニバーサル横メルカトル」

ホラー漫画家にはスプラッタ―な描写で有名な「富江」シリーズの伊藤潤二さんのように、読んだ人に強烈なトラウマを植え付ける作家がいます。

同じように、ホラー小説家にも読者のトラウマを増産している作家がいます。
今回ご紹介するホラー小説短編集「独白するユニバーサル横メルカトル」は、ホラー小説界のトラウマ製造機とも言える平野夢明さんという方の作品です。

続きを読む