人口減少社会の到来を目前に控える現代日本。
それでいながら、東京及びその近辺地域に限っては人口増加の一途をたどっています。

増える都市あれば、減る都市あり。
対の関係にあたる両者ですが、増える都市と減る都市の数のバランスはとれていません。

このいびつなバランス関係は、双方に問題を引き起こします。
今後都市は、いずれの側も共に潰れてしまうこととなるでしょう。

最悪の事態を避けるため、各都市はこぞって生存戦略に取り組みます。
このとき、都市に求められているもの、それこそが都市の価値なのです。

本記事は、我が国の都市の現状と今後に対する助言を与える本を、ご紹介します。

続きを読む