丸尾末広

エログロ漫画「芋虫」で最後に見える赦しと愛

耽美的・猟奇的な作風の探偵小説で知られる「江戸川乱歩」。カルト漫画家としてコアなファンを獲得している「丸尾末広」。江戸川乱歩の小説世界を、丸尾末広が独自の風味を加えて世に送り出した作品があります。
それが今回ご紹介したい漫画、「芋虫」です。作品の設定はおぞましい部分があるので、人によって拒絶反応が出ることも。丸尾末広が描いている漫画だけあり、ジャンルとしてはエログロ漫画に属するかもしれません。少しグロ要素があるのは確かですが、この漫画は赦しと愛についても終わりに示されます。

続きを読む

サブカル漫画を読みたい初心者には丸尾末広著の「瓶詰の地獄」がおすすめ!

普通と違った感性の作家が描くサブカル漫画を読んでみたい人に、まずサブカル漫画の入門書としておすすめしたいコミックがあります。カルト・サブカル漫画家として有名な丸尾末広の「瓶詰の地獄」は、マニアック漫画初心者にも読みやすい作品です。

「瓶詰の地獄」はエンターブレインから発行されている短編集で、表題作は変わった幻想小説家として名高い夢野久作の著作を原作にしています。

続きを読む

丸尾末広が描く哀れな双子の辿る残酷な生の物語「トミノの地獄」

端麗な絵柄で猟奇的な性表現や暴力シーンを描くことが多い丸尾末広は、あまり長く話はなく短編の作品が中心です。
今回ご紹介させていただく丸尾末広最新作「トミノの地獄」は、短編ばかりの著者には珍しい長編作品となります。見世物小屋・異形の姿を持つ人間など、丸尾末広漫画の集大成ともいえる名作です。

続きを読む