現在公開されている映画「Diner ダイナー」を、ご覧になった方はいるでしょうか。この映画に出てくる登場人物は、どれも癖のあるまともでない変人ばかり。原作を書いた小説家・平野夢明さんは、普通の感性では思いつかない常識外の変わった人間を表現するのが得意な作家です。

今回ご紹介する本「デブを捨てに」は、平野夢明さん毒入り変人をたっぷり集めた短篇集です。表紙からしてインパクトのある「デブを捨てに」は、中身もかなりインパクト大な本になっています。

続きを読む