ジャンプ漫画が誇る大人気スポーツ漫画「ハイキュー!!」に迫る!

現在「週刊少年ジャンプ」で連載されている、今最も熱いスポーツ漫画「ハイキュー!!」

宮城県の烏野高校・排球部(バレーボール部)を舞台に、主人公・日向翔陽と相棒・影山飛雄が幾多の困難を乗り越えて、全国制覇を目指す青春漫画。

今回は、そんなハイキュー!!のあらすじ・主要登場人物・魅力についてまとめていきたいと思います。

続きを読む

入院のお見舞いにおすすめしたい本3選

本は入院中にお見舞いに頂いたりや自分で用意するには良いものです。
退院してからでも読めます。入院中の方とおっしゃっても、今まで忙しくしてこられて長期入院なんて初めて、と戸惑ってる方もいらっしゃれば、慢性病を抱えてたり、病弱で、入院経験豊富な方もいらっしゃるでしょう。ここではまだお読みになられた事がなければ、どちらの方が読んでも損はない本を3冊紹介致します。

続きを読む

20代におすすめしたい「大人でも楽しめる絵本」3選

絵本は、子どもだけのものだと思ってはいませんか?

子どもに夢や希望、心を教えてくれる絵本たちは時として大人の心にも優しくしみわたります。

この記事では、そんな「大人も楽しめる絵本」のおすすめを3冊ご紹介致します。

是非、最後までご覧ください。

続きを読む

古見さんバイブレーションがかわいい!古見さんは、コミュ症です。

どこにいても、コミュニケーションって大事ですよね。

学校でも、仕事でも、家でも、一つの空間に2人以上の人間がいれば、そこはもうコミュニケーションの場です。

今回は2016年から週刊少年サンデーで連載されている、オダトモヒト作の『古見さんは、コミュ症です。』を紹介していきます。

古見さんは、コミュ症です。なので人付き合いがとても苦手です。でも友達が欲しい古見さん。人の気持ちを察するのが得意な只野くんが友達になり、その伝手で少しずつ友達がふえ、高校生活がだんだん楽しくなってきました。2年生になった沈黙の美少女・古見さんのコミュ症コメディー!!
引用:WEBサンデー 古見さんは、コミュ症です。

続きを読む

エログロ漫画「芋虫」で最後に見える赦しと愛

耽美的・猟奇的な作風の探偵小説で知られる「江戸川乱歩」。カルト漫画家としてコアなファンを獲得している「丸尾末広」。江戸川乱歩の小説世界を、丸尾末広が独自の風味を加えて世に送り出した作品があります。
それが今回ご紹介したい漫画、「芋虫」です。作品の設定はおぞましい部分があるので、人によって拒絶反応が出ることも。丸尾末広が描いている漫画だけあり、ジャンルとしてはエログロ漫画に属するかもしれません。少しグロ要素があるのは確かですが、この漫画は赦しと愛についても終わりに示されます。

続きを読む

鬱な気持ちに浸りたい時におすすめな本2選

暗く恐ろしい世界に、浸ってみませんか?

鬱な気持ちに浸れる本というと、血生臭く暴力的な内容を想像する方が多いかもしれません。確かにそういった作品も数多くありますが、実はグロテスクなばかりではないのです。

人間関係が複雑に絡み、考えられる限り最悪の結末へ堕ちていく物語や、暗い世界で壮絶な人生を歩んだ末に救いもなかった人生を描いた物語など、様々な暗さが渦を巻いています。

この記事では、そんな鬱屈とした暗い気持ちに浸れるおすすめ本を厳選して2冊ご紹介致します。

暗い本の中の世界は、特別な余韻を味あわせてくれるだけでなく、ときに普段の平凡な生活を鮮やかに見せてくれることもあります。
是非、最後までご覧ください。

続きを読む

博識少年な兄と霊能力持ち幼女の妹の続々怪奇体験談「闇夜に遊ぶな子供たち」

無垢な子供の頃には、不思議なものを見る力があると言われています。その「不思議なもの」がカワイイ妖精ならいいですが、死霊・妖怪・悪魔など恐ろしいものなら?

今回ご紹介するホラー漫画「闇夜に遊ぶな子どもたち」は、霊能力を持つ無邪気な幼女マコとその兄トシオが遭遇する怪奇譚です。兄妹が見る不思議なものは恐ろしく、彼らを常に平穏から遠ざけます。

続きを読む

魔術好きな双子に振り回される家庭教師が不憫なホラー漫画「フロイトシュテインの双子」

美形な双子というと神秘的な雰囲気があり、ホラー漫画によくそういうキャラが登場します。今回ご紹介するホラー漫画「フロイトシュテインの双子」も、タイトルの通りに男女の双子が出てくる漫画です。

カワイイ容姿をしているので見た目は良い子そうな双子ですが、性格と行動がとても危ない隠れ危険人物。その双子に勉強を教えるために大学生が家庭教師として雇われます。家庭教師は双子に狙われ、色々とエライ目にあってしまいます。

続きを読む

霊感少年と幽霊になった幼馴染の少女のミステリーホラー「死人の声をきくがよい」

ホラー漫画の分野で注目されていたひよどり祥子(うぐいす祥子)さんがメジャー誌で発表した長編ホラー「死人の声をきくがよい」をご紹介します。

霊感少年と幽霊少女が出る正統派ホラー漫画で、著者初の長編連載作品となった作品です。全巻に渡りシリアスに時々コメディが含まれる、ひよどり祥子さん独特のストーリー展開が巧に構成されています。

続きを読む