時代の流れがよく分かる!面白ビジネス四コマ「OL進化論」


景気の良かったバブル時代とリストラに就職氷河期どん底景気の大不況時代は、会社の感じも丸っきり違います。

そんな時代の変化が分かるビジネス四コマ漫画「OL進化論」を、今回はご紹介したいと思います。
四コマと侮るなかれ、結構勉強になる内容です。

スポンサーリンク

「OL進化論」とはどんな本か

OL進化論は講談社発行の漫画雑誌である「モーニング」で連載されている作品で、何と1989年から2019年現在まで継続中の掲載誌でも最長寿に入る長さを誇っています。
2018年には1300回を記録したというから、かなりの人気があるのが分かります。

作者は秋月りすさんという方で、四コマ界では大ベテランの女性漫画家です。OL進化論は彼女の代表作でもあり、刊行されている単行本は37巻まであります。

OL進化論はとある会社に勤務するOLたちを中心に、その日常のエピソードをメインにした内容になっています。漫画を描いている当時の社会状況をエピソードの中で絡めて出し、その時の時代の雰囲気が感じられる作風です。

連載当初はちょっと毒がある不条理系の作風でしたが、連載を続ける内に毒も薄れて現在はほんわか楽しめる読みやすい四コマ漫画に変化しています。

OL進化論のメインとなるOLたち

1300回以上も連載されている作品とあって、漫画に出てくる登場人物は数が多いです。その中でレギュラー登場しているOLたちが、話を面白く展開させています。

ジュン

童顔で丸顔をしたおかっぱ頭のOLで、金太郎に似ていると言われることがある。性格は明るく能天気で、よく言えば天真爛漫だがドジな面が目立っている。周りに迷惑をかけることが多いが、お人好しな性格でもあり憎めない人物。
連載当初は髪が長かったがタバコを吸おうとして、髪にライターの火がつきおかっぱになった。食い意地が張っていて、食べ物に関するエピソードが多い。

美奈子

くせ毛のロングヘアで小さなミスコンで優勝したことがあるので、美人の部類に入ると思われるOL。主人公のジュンと仲が良い同期の仲間である。
面倒見のいい所があり、ドジなジュンのフォローをよくしている。連載当初は美奈子の方が主人公扱いで、主人公として紹介されていた。主人公扱いだった頃は、いまより小悪魔的で正確が異なる。ジュンの方が万人受けする性格のためか、いつの間にか主役の座が彼女になった。

けいこ

ストレートロングの髪にリボンが特徴の容姿で、春先は花粉症に悩まされるOL。主人公のジュンとは同期仲間である。
習い事をよくしているが長続きしないようで、ちょこちょこ習い事を変えている。ジュンほどではないがドジで、好きになる男がスリなど男運は悪い。

ひろみ

肩までの長さの髪をヘアバンドでまとめ眼鏡をかけた容姿で、社内報を担当していているOL。ジュンの同期仲間で仲が良く一緒に行動もするが、食べたい物が違えば一人でお昼を食べに行く一人行動ができる人物。
映画やゲームが好きで長い休みは風呂にも入らず、ゲームで遊んだり映画を見たりと好きに過ごしている。

長年愛されるのはリアリティか?

ご紹介したOL以外にも上司である課長や結婚相手が見つからない田中くん、主人公たちが通う結構商売上手な定食屋のおじさんなどよく出る人物はまだいます。

ちらりとしか出ない登場人物も実際に現実にいそうな人たちで、OL進化論は読んでいて親近感が湧きます。作り物じみていない登場人物ばかりだからこそ、自分の近くにもありそうなお話だと感じられて長く読まれているのでしょう。

自分が知らない時代の流行りも、そんな風なのかと体験したように映ります。

OL進化論は会社を舞台にした四コマ漫画なので、仕事に関するテーマも少なくありません。仕事への不安や老後への怯えなどは、つい共感してしまいます。登場人物は心に重くのしかかることも自分なりに消化するので、自分も頑張ってみようという気持ちになれます。

おわりに

あの時代の社会の様子など知りたいなと思ったら、ぜひOL進化論を読んでみてください。笑える日常の中に時代の空気が込められています。


スポンサーリンク