ホラー作家の原点は実話怪談にあり!「平野夢明恐怖全集 怪奇心霊編」を読んで夏を乗り切る


作品が映画化までされている人気ホラー作家・平野夢明さんは、ホラー小説家として活躍する前は実話怪談の編集をされていました。今回は平野夢明さん編集の実話怪談を収めた「平野夢明恐怖全集 怪奇心霊編」を紹介したいと思います。

平野夢明さんの特徴ともいえる精神的にエグい描写は、実話怪談の語りの中でもすでに片鱗が出ています。鬼才のホラー作家が編集の怖い話は、やけにリアルでゾクゾクします。

スポンサーリンク

「平野夢明恐怖全集 怪奇心霊編」の紹介

竹書房から刊行されている実話怪談「超怖い話」は、長く続いているシリーズなのでご存じの方もいるでしょう。平野夢明さんは「超怖い話」初期編の頃に、編集の1人として本作りに携わっていました。「超怖い話」は竹書房より前に違う出版社から刊行されたことがあり、こちらの本にはそちらに収録されていた話も入っています。

実話怪談の本は体験者から聞いた話を筆者が文章に起こすスタイルであり、大量生産されている怖い話の本だと没個性でつまらない文章ばかりです。長寿シリーズである「超怖い話」は刊行スペースこそ早いですが、編集者に個性の強い人間ばかりを揃えているので文章も癖があり面白い語りになっています。

平野夢明さんは中でもとんでもない毒を持っていて、彼が担当編集した版は「超怖い話」ファンの中でも愛されています。

人の心の醜さや怖さ、神や魔物のもたらす理不尽な恐怖、死んだ者の怨念による怪異。「平野夢明恐怖全集 怪奇心霊編」は、平野夢明さんの原点を知り良質の怖い話を味わえる本です。

現在の実話怪談の原型に触れられる

いまは空前の怪談ブーム。実話怪談に関する本は、色々な出版社からたくさん刊行されています。平野夢明さんが実話怪談本を作っていた当時は、現在ほど活気はありませんでした。誰かが経験した恐ろしい体験を、読みやすく臨場感のある文章にする形式は、「超怖い話」がその成立に一役買っています。

昭和時代に刊行された実話怪談は、硬く親しみにくい文章で共感が湧きにくいかもしれませんが、現在の実話怪談は文章に硬さが少なく、分かりやすい表現方法で共感しやすくなっています。
「平野夢明恐怖全集 怪奇心霊編」は、現在の実話怪談の原型に触れられるメリットもあります。

原型にもなっているため、収録作品にはどこかで聞いた憶えのある話も出てきます。よくあるネタ的な体験談も、平野夢明さんの手にかかれば重量感が増し背筋を凍らされます。

収録されている話を一部紹介

平野夢明さんは人間の狂気や醜さを感じさせる話が得意な人であり、「平野夢明恐怖全集 怪奇心霊編」に収録されている話にもそういったものが入っています。3話ほどざっくりご紹介しましょう。

山の境界

ひどい人間が猫を虐待する描写が出てきます。自分より小さい体の生き物を、平気でいたぶれる人間が心理的に怖いです。

ロクちゃん

子どもたちのストレスを発散するためお人形が使われます。ただ普通のはずだったお人形が悪意ばかり受け、次第に邪気を帯びていくのが不憫です。

泥棒

死んだ人の棺に納められた品を、葬儀会社の社員がこっそり盗み報いを受けます。故人と一緒に棺に納められる品物は、その人の大切な物や故人を想って贈られる物ばかり。物言えぬ死者から物を奪う人間の行いが惨いです。

この他にも、生きた人間が怖いと思えてくるエグい話が収録されています。
精神的に落ち込みやすい人は、読むのにご注意ください。

あとがきエッセイに平野夢明さんらしさ

全6巻で刊行されている「平野夢明恐怖全集 怪奇心霊編」は、あとがきに平野夢明さんのエッセイも載っています。何気なく読んでいると、平野夢明さんの行動に衝撃を受けます。

実話怪談は体験者を探すのが一苦労なようで、もう実話怪談のネタが尽きてしまった平野夢明さんは自分で怪奇体験しようと思い立ちます。日本で有名な心霊スポットと言えば、富士の樹海がある。怖い体験を求めて平野夢明さんは、樹海に泊りがけで出かけます。

自殺の名所でもある樹海になど、絶対に行きたくないもの。ネタが欲しい理由だけで、自分から怪異の元へ飛び込む精神はまさにホラー作家の鑑です。

ちなみに樹海では怪奇体験とは違う怖い体験ができたようです。

おわりに

平野夢明さんの文章は妙に吸引力があり、読み始めると止められない面白さがあります。
「平野夢明恐怖全集 怪奇心霊編」も、どんどん次のページをめくりたくなってしまいます。鬼才・平野夢明さん編集の実話怪談を堪能してみませんか。


スポンサーリンク