書籍

エログロ漫画「芋虫」で最後に見える赦しと愛

耽美的・猟奇的な作風の探偵小説で知られる「江戸川乱歩」。カルト漫画家としてコアなファンを獲得している「丸尾末広」。江戸川乱歩の小説世界を、丸尾末広が独自の風味を加えて世に送り出した作品があります。
それが今回ご紹介したい漫画、「芋虫」です。作品の設定はおぞましい部分があるので、人によって拒絶反応が出ることも。丸尾末広が描いている漫画だけあり、ジャンルとしてはエログロ漫画に属するかもしれません。少しグロ要素があるのは確かですが、この漫画は赦しと愛についても終わりに示されます。

続きを読む

鬱な気持ちに浸りたい時におすすめな本2選

暗く恐ろしい世界に、浸ってみませんか?

鬱な気持ちに浸れる本というと、血生臭く暴力的な内容を想像する方が多いかもしれません。確かにそういった作品も数多くありますが、実はグロテスクなばかりではないのです。

人間関係が複雑に絡み、考えられる限り最悪の結末へ堕ちていく物語や、暗い世界で壮絶な人生を歩んだ末に救いもなかった人生を描いた物語など、様々な暗さが渦を巻いています。

この記事では、そんな鬱屈とした暗い気持ちに浸れるおすすめ本を厳選して2冊ご紹介致します。

暗い本の中の世界は、特別な余韻を味あわせてくれるだけでなく、ときに普段の平凡な生活を鮮やかに見せてくれることもあります。
是非、最後までご覧ください。

続きを読む

博識少年な兄と霊能力持ち幼女の妹の続々怪奇体験談「闇夜に遊ぶな子供たち」

無垢な子供の頃には、不思議なものを見る力があると言われています。その「不思議なもの」がカワイイ妖精ならいいですが、死霊・妖怪・悪魔など恐ろしいものなら?

今回ご紹介するホラー漫画「闇夜に遊ぶな子どもたち」は、霊能力を持つ無邪気な幼女マコとその兄トシオが遭遇する怪奇譚です。兄妹が見る不思議なものは恐ろしく、彼らを常に平穏から遠ざけます。

続きを読む

魔術好きな双子に振り回される家庭教師が不憫なホラー漫画「フロイトシュテインの双子」

美形な双子というと神秘的な雰囲気があり、ホラー漫画によくそういうキャラが登場します。今回ご紹介するホラー漫画「フロイトシュテインの双子」も、タイトルの通りに男女の双子が出てくる漫画です。

カワイイ容姿をしているので見た目は良い子そうな双子ですが、性格と行動がとても危ない隠れ危険人物。その双子に勉強を教えるために大学生が家庭教師として雇われます。家庭教師は双子に狙われ、色々とエライ目にあってしまいます。

続きを読む

霊感少年と幽霊になった幼馴染の少女のミステリーホラー「死人の声をきくがよい」

ホラー漫画の分野で注目されていたひよどり祥子(うぐいす祥子)さんがメジャー誌で発表した長編ホラー「死人の声をきくがよい」をご紹介します。

霊感少年と幽霊少女が出る正統派ホラー漫画で、著者初の長編連載作品となった作品です。全巻に渡りシリアスに時々コメディが含まれる、ひよどり祥子さん独特のストーリー展開が巧に構成されています。

続きを読む

読むと腹がへる!胸が熱くなる!ぶっ飛びグルメ漫画「ドカせん」をご紹介

「孤独のグルメ」をはじめとして、最近は色々なグルメ漫画が人気になっていますね。中には突飛な設定のものがあり、今回ご紹介したいグルメ漫画「ドカせん」もかなり設定がぶっ飛んでいる漫画です。

「ドカせん」は凄腕の土方職人であり料理人の主人公が教師となり、次代のモノづくりを担う生徒を導く。生徒の教えを授ける方法が料理なのですが、その料理場面が特色ありすぎて癖になってしまいます。

続きを読む

サブカル漫画を読みたい初心者には丸尾末広著の「瓶詰の地獄」がおすすめ!

普通と違った感性の作家が描くサブカル漫画を読んでみたい人に、まずサブカル漫画の入門書としておすすめしたいコミックがあります。カルト・サブカル漫画家として有名な丸尾末広の「瓶詰の地獄」は、マニアック漫画初心者にも読みやすい作品です。

「瓶詰の地獄」はエンターブレインから発行されている短編集で、表題作は変わった幻想小説家として名高い夢野久作の著作を原作にしています。

続きを読む

笑えて泣けるオススメ!魚住かおる作ギャグホラー漫画「悪霊退散大作戦」を読もう!

ギャグホラー漫画の名手に、押切蓮介さんという方がいます。ハイスコアガールのヒット作があるので、その漫画をきっかけに押切蓮介さんのホラー漫画を読んだ人もいるのではないでしょうか?
この人の描くギャグホラー漫画の中には、笑えてちょっと切なくなる話もあります。

女性向けのホラー漫画にも同じように「悪霊退散大作戦」というギャグホラー漫画があり、バカバカしさたっぷりで知らず泣かされる部分が。隠れた名作なので、読んでみて欲しい一作です。今回は、この漫画をご紹介しましょう。

続きを読む

哲学は役に立つ!「武器になる哲学」が教えてくれる教養の大切さ

突然ですが、「教養ある人」と聞いたとき、どんな姿を思い浮かべますか?
おそらく、物知りで視野が広く、いつも冷静みたいなイメージじゃないでしょうか。
少なくとも筆者はそういうイメージでした。

これを聞いて、教養を身につけたいと思ったそこのあなた。
そんな教養を得るためにオススメの本が、「武器になる哲学」です。

教養なのに哲学?と思いましたか。
哲学の考え方は、自分自身や自分を取り巻く状況について、実に多くの気づきを与えてくれます。
哲学もまた、教養なんです。

さて、「哲学」この言葉に対して、反射的に抵抗感を感じる人は少なくありません。
聞いただけでもうムリ!という一種のアレルギーに近いものがあります。

哲学とは、「世界あるいは人間とは何か」について、理論立てて説明しようとする学問を指します。

これだけ聞いても、やっぱりさっぱりわかりませんね。
わからないというよりはむしろ、こんなもの学んでも無意味という方が強いかもしれません。

しかし、実はそんなこともないんです。
大丈夫です、本記事ではその理由について解説していきます。

続きを読む

現代を生き抜くために「人もお金も動かす 超スゴイ!文章術」が説く文章の重要性

文章を書くことは、日常ごくごく当たり前に行われています。
LINEでメッセージを送るのも、SNSでつぶやくのも、何気なくやってますよね。

そんな日常茶飯事が、今後自分を変えるきっかけとなると言われたら、どうしますか。
変えたいと、思いますか。

ソーシャルメディア時代において、文章は重要なコミュニケーションスキル。
共感によって人と人とがつながり、そこから様々な可能性が生まれます。

そのためには、何をどう発信するかが大事となります。
発信する手段はもちろん、文章です。

何をどう発信するか考えるということは、文章の中身を考えることとイコール。
何をどう伝えるか考えることで、自分の頭の中も整理されていきます。

そして、文章力を見つめ直すことは、それ以外の様々な物事にも活かされるんです。

本記事は、文章についてあらためて考えるきっかけを与えてくれる一冊をご紹介します。

続きを読む