哲学は役に立つ!「武器になる哲学」が教えてくれる教養の大切さ


突然ですが、「教養ある人」と聞いたとき、どんな姿を思い浮かべますか?
おそらく、物知りで視野が広く、いつも冷静みたいなイメージじゃないでしょうか。
少なくとも筆者はそういうイメージでした。

これを聞いて、教養を身につけたいと思ったそこのあなた。
そんな教養を得るためにオススメの本が、「武器になる哲学」です。

教養なのに哲学?と思いましたか。
哲学の考え方は、自分自身や自分を取り巻く状況について、実に多くの気づきを与えてくれます。
哲学もまた、教養なんです。

さて、「哲学」この言葉に対して、反射的に抵抗感を感じる人は少なくありません。
聞いただけでもうムリ!という一種のアレルギーに近いものがあります。

哲学とは、「世界あるいは人間とは何か」について、理論立てて説明しようとする学問を指します。

これだけ聞いても、やっぱりさっぱりわかりませんね。
わからないというよりはむしろ、こんなもの学んでも無意味という方が強いかもしれません。

しかし、実はそんなこともないんです。
大丈夫です、本記事ではその理由について解説していきます。

スポンサーリンク

「武器になる哲学」について

「武器になる哲学」は、2018年に株式会社KADOKAWAが発行したビジネスパーソン向け教養書です。
本書の正式名称は、「武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想キーコンセプト50」。
ビジネスパーソン向けをうたっていますが、一般教養の入門書としても最適です。

「人生を生き抜くため」と言っているとおり、実生活の様々な現象を哲学知識で解説。
その解説をふまえて、現代社会を客観的かつ批判的に見る目を養うことを目指しています。

扱う分野も哲学・思想にとどまらず、心理学や経済学などと多岐にわたります。
その学問の代表的コンセプトを紹介しているので、広範囲の知識を手っ取り早く得るのに大変オススメです。
「武器になる哲学」が一般教養の入門書と言った理由は、まさにこの点にあります。

著者の山口周氏は哲学・思想に明るく、経営コンサルタントであるため、経営・組織論等の知見も豊富です。

そんな著者は、小難しい概念を実生活に当てはめて説明しています。
くだけた文章で、学習初心者でも非常に読みやすい仕上がりとなっているので、ご安心ください。
ところどころ難しい単語も出てきますが、単語がわからなくても理解できる内容になっています。

読後は、知的好奇心に対する満足感を得られること間違いなしのボリューム。
しかも本書はソフトカバー本なので、堅苦しくなく、あっという間に読めちゃいます。
アマゾンでの評価も星平均4以上と非常に高いです。

「武器になる哲学」が伝えたいこと

「武器になる哲学」は、大きく3つの項目で構成されています。

まず、プロローグとして、ビジネスパーソンが哲学を学ぶ必要性について。
次に、本書といわゆる哲学入門書との違いについて。
最後に、本書のメインである4つのカテゴリにおける有用コンセプト50個の紹介となります。

この3つの点について、以下の各項目で解説していきます。

なぜ今、哲学なのか

本書のプロローグでは、ビジネスパーソンが哲学に触れる必要性を解説しています。
この最初の「つかみ」で、読者は一気に本の世界に引き込まれます。

ここで語られる内容はごく一般的なものです。
しかし、現代社会を生きる我々にとって、とても「刺さる」内容となっています。

本書はまず、一般教養を軽んじる実務家は、文明社会において脅威となると批判。
そんな実務家は、専門的知識に執着し、一般教養を軽んじていると言い切ります。
最後に、実務家が人の上に立ち社会に影響を及ぼすまでになったとき、一般教養は不必要なのかと疑問を投げるのです。

実務家はビジネスパーソン、一般教養は哲学と読んでください。

人を引っ張っていくリーダーが無教養でよいのか、という問い。
そして専門的知識ばかりでは、社会でのバランス感覚が保てず、暴走する可能性の指摘。

この批判は、全ての人に当てはまる可能性ではないでしょうか。

そうならないためにも教養は必要だと本書は語るんですが、その理由は4つ。

・状況を正確に把握し、洞察する力
・現状を批判的にとらえる思考と態度
・よりよい未来のために、アジェンダ(=課題)を設定すること
・失敗を繰り返さないため、過去の悲劇から学ぶこと

哲学やその他一般教養からは、この4つを知ることができると述べられています。
これが、本書が哲学を「武器」とするゆえんです。

今までの哲学入門書ではない

「武器になる哲学」は、今までの哲学解説書とは構造的に全く異なります。
哲学の説明書ではなく、現代を生きる上で有用かどうかにテーマを置いているからです。
身近な物事を例に解説しているため、非常にイメージしやすい内容となっています。

さらに、多くの人が哲学に挫折する理由も説明しています。

多くの哲学入門書は歴史順に内容が進むため、必ず古代ギリシャ哲学から始まります。
古代ギリシャ哲学が説くことは、現代人にとっては当たり前のことや間違ったものばかり。

だからこそ、多くの人は序盤で「哲学はつまらない、無意味だ」と結論付けてしまうんです。
言われてみれば、筆者も確かにそうだったかもしれません。

そしてもう1つの理由が、学者たちが出した結論ばかり注目してしまう点です。

過去の学者たちの結論や仮説は、古代ギリシャのそれのように、今では無理があるものばかり。
なるほど、これでは知的好奇心が高まりません。

結論自体ではなく、結論を受けてそこからどうするのか。
あるいは結論に至るまでのプロセスや、疑問に思った背景こそが重要だと、本書は説いています。

それゆえ本書は、構成を工夫し、時系列順での紹介を行っていません。
紹介する50項目も、プロセスや検討に至る背景事情を盛り込んだ内容に仕上げています。

また、本書が哲学以外の教養学問にも触れていることは先述のとおり。
実は、こうした学問もまた、哲学の要素を多く含んでいます。
経済学や心理学の分野でも、多くの学者が人や社会、世界について論説してきたからです。

「役に立つものは全部使う」の精神で、「武器になる哲学」は作られているんです。

「人」の行動や思考様式を説明する

メインにあたる部分として、各分野における学者のコンセプトを50個挙げて解説する本書。
その50個は、以下の4つのカテゴリに分かれています。

・「人」におけるキーコンセプト(14個)
・「組織」におけるキーコンセプト(10個)
・「社会」におけるキーコンセプト(13個)
・「思考」におけるキーコンセプト(13個)

以下、各項目の例をいくつかご紹介します。

「人」におけるキーコンセプトでは、人間の状態や行動、思考プロセスについてまとめています。

・アスリートやアーティストでよく言われる「ゾーン」について
・ナチスのおぞましい事件の実行犯はどこにでもいるような人だった
・人間は不確実なものほどハマりやすい性質を持つ

「組織」におけるキーコンセプトでは、組織内での行動や組織の動かし方について考察しています。

・会議においては、難くせをつける人間をあえて入れるほうがよかったりする
・組織やそれを率いるリーダーはどうあるべきか
・上司の圧力で部下は誤った上司に正しい指摘ができず、最悪の事態に陥る可能性について

「社会」におけるキーコンセプトでは、社会が与える影響と、そこで生きる上での態度を示しています。

・男性らしさや女性らしさは、持って生まれた性質ではなく、社会環境の産物
・ブランド品を買いあさる人にとっての満足は、他者と比較されることで生まれる
・「努力すれば必ず報われる」と頑張っても、時間のムダで終わってしまう危険性

最後に、「思考」におけるキーコンセプトでは、私たち現代人の思考パターンを見つめ返しています。

・「わかる」ということは、「わかったことで自分が変わる」ということ
・日本語で水と湯は別物だが、英語では両方とも”water”である
・科学的であることは絶対的に正しいというのは大きな間違い

こうやって見ると、意外となんてことない内容だな、と思うかもしれません。
本書で書かれているのは実際にこんな内容ばかりです。

サクサク読めるようになっているので、構えることなく読んでみてください。

おわりに

冒頭にも書いたように、哲学とは「世界あるいは人間」について論理的説明を試みる学問です。
細かく言えば、「世界と人のありさま」と「その中で人はどう生きるべきか」を考察するアプローチを指します。

過去の偉人たちは何千年も昔から、この問いに向き合い、何らかの説を示してきました。
教科書に名を残す学者たちは、いつの時代も世界と人間を見つめ、人生の在り方を模索していたわけです。

つまり、哲学の研究対象は社会を含む世界と人間。
したがって、哲学が人々の社会生活に活かされないわけがないんです。

哲学につまづく理由を明らかにしながら、面白く読めるように書かれた「武器になる哲学」。
あくまで実用性ありきで、哲学以外の分野も紹介に挙げている欲張りな内容構成。
「武器になる哲学」は十分立派な教養入門書です。

これを機に、哲学あるいは一般教養に対し、ハードルを下げてみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク