彼女の歩んだ人生は本当に正しかったのか?「春にして君を離れ」


ミステリーの女王との呼び名がある女流小説家アガサ・クリスティーは、ミステリー要素のない作品も発表しています。今回ご紹介する本「春にして君を離れ」は、アガサ・クリスティーの非ミステリー小説です。

一人の女性が旅先の宿舎で人生を振り返るというシンプルな内容。

ミステリーの女王が推理も事件もない小説を書いて面白いのか?

著者の名前を知っていると非ミステリー小説の作品の出来に、若干の疑問と不安を持ってしまう。「春にして君を離れ」を読み始めれば疑問も不安も消し飛び、物語の面白さにすぐに虜になります。

スポンサーリンク

「春にして君を離れ」の紹介

ミステリー小説で名をはせたアガサ・クリスティーが、別名義メアリ・ウェストマコットで発表した作品です。ミステリーに必須の殺人事件が起きたり探偵が登場したりといった設定がなく、分類上はロマンス小説として出版されました。

アメリカでも出版されていますが、初版はイギリスのコリンズ社から1944年に刊行されています。アガサ・クリスティーが本作に費やした構想期間は長かったそうですが、執筆し始めたら3日間という短期間で完成させたというエピソードがあります。

1930年代が舞台になっている「春にして君を離れ」の主人公は、裕福な家庭の婦人・ジョーン・スカダモア。ジョーンの夫は地方弁護士の職に就いており、夫婦には1男2女の子どもがいる。息子も立派に独立し娘たちもそれぞれ結婚し、ジョーンは自分の人生に満足していた。

ジョーンの末娘はイギリスの植民地であるバグダッドに住んでいて、体調が悪いという彼女を見舞いにジョーンはその地に向かう。末娘の様子を見て帰路につこうとしたジョーンだが、運悪く天候が荒れてしまったため交通路が乱れ足止めされる。

駅の宿泊所で列車が来るのを待つジョーンは、暇を持て余しこれまでの人生を回想し始めた。正しい人生を歩んできたと思っていた彼女だが、人生を振り返る中でそうではなかったかもしれないと気がつくことになる。

主人公の善意は善なのか

ジョーン・スカダモアは良妻賢母であり家族のためを考え行動し、上品で優しい婦人のように表面的には映ります。夫のため子どもたちのためと彼女が善意でしてきたことは、実は相手には悪意であったのかもしれません。

地方弁護士の地位にいる夫であるがそれは妻のすすめからであり、多忙な事務所の仕事に心身疲れ果てていた。精神的に追い込まれた彼は弁護士ではなく、農場の仕事をしたいと考える。家庭を守るジョーンは夫の意見に反対し、弁護士の道を外れないよう諭した。ジョーンの言葉に従い、夫は現在の社会的地位を築く。

教育にも厳しいジョーンは、娘の友だち付き合いにも口をはさむ。家に遊びに来る娘の友だちが、ジョーンの求めるタイプでない子だと不満を口にする。自分が気に入る子と遊ぶよう娘に言い、娘の交友関係を思い通りにしようとした。

妻であり母であるジョーンの行いは、夫と子どもたちにとって「善意」に感じられるでしょうか?

ジョーンは自覚していないのですが、成長した息子と娘は母との関係に距離を置いています。夫との心の関係もそうです。

主人公・ジョーンは妻として母として自分は正しいと思っていました。一人静かに宿舎で振り返った彼女は、自分の罪が何であるかやっと分かったのです。

夫婦は他人と他人でしかない

ジョーンは社会的地位の高い人物の妻であることを求め、弁護士という地位を持つ夫は本音では弁護士の仕事を求めていませんでした。したい仕事を妻に伝えても一蹴された夫は、ジョーンには分かってもらえないと諦めます。

この夫婦は愛情が確かにあるのですが、心に理解し合えない部分がある二人はどこかに溝があります。それを感じても夫とジョーンは溝を埋められず、幸せな夫婦像を演じるために互いに仮面をかぶり続けます。

夫婦は人生の伴侶である間柄ですが、結局は他人同士であり心まで深く結ばれるのは幻想でしかないのでしょう。

夫とジョーンの関係から夫婦とは言え他人である現実が、哀しいほどに痛感させられる。

「春にして君を離れ」の最後を締めくくる夫の語りを、噛みしめるように読んでみてください。

おわりに

ジョーンが求めた幸せな暮らしは、誰かの心を押さえつけ得たものかもしれない。自分の幸せのために何か犠牲にしていないか?「春にして君を離れ」を読むと、そんなことを考えてしまいます。


スポンサーリンク